« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月26日 (日)

今日はサラサドウダンを見に

今日は東山へサラサドウダンツツジとヒトツボクロを見に行ってきました。頂上付近がモヤっていたので順番を変え、ヒトツボクロを探し時間調整をしてから、ショートカットを交え時間短縮。頂上手前で知り合いに出会いベニドウダンまで案内、頂上でドウダンの写真を撮って下りもショートカット、帰りはフッキソウを見に寄ったが見つけられなかった。

240526101810020 240526100241177 240526120246588 240526120550904

2024年5月22日 (水)

今日はキンランをさがしに

例年より少し見に出かけるのが遅いかと思ったが宍粟北部の3か所を周ってきた。花後もたくさんあったが各箇所に5株程度見ることができた。そのほかにコケイラン、ウメガサソウの蕾なども見ることができた。

240522095813028 240522121707017 240522112910246 240522112343299 240522112109699

2024年5月20日 (月)

宍粟北部の花山行

午前中に天気が回復しそうなので宍粟市北部に花山行に出かけました。今年は例年に比べエビネやヤマシャク、キンラン、ギンランなどほとんど見ないままのような気がしたのでそれが見られそうなところに出かけ、なんとか見ることができました。ちょうど見ごろと思っていたクリンソウはひどい状況でした。くいちぎられたようにみえましたが、見物に来られた方によると強風によると説明を受けたと聞きました。ヤマシャクは終わっていました。

 

240520111901770 240520115330816 240520113254479 240520141747591 240520141113575 240520130048493

2024年5月17日 (金)

今日も行きました

今シーズンも今日でクマちゃんの最後の開花確行ってきた。最初の予定はか~るくみられる方からと思っていたが木材搬出と作業道工事のため、想定外の高巻きや渡渉で苦戦を強いられたがなんとか開花場所に到着し満開の状況確認ができた。

ランチを済ませもう1か所は迷ったが時間も十分あるので(体力に問題が)確認に行くことにした。例年は花の種類が多い所だが今年は見られない。エビネとはなを付けていないクマちゃんだけ見ることができた。どうもクマちゃんの葉の伸び具合から昨年食害にあったようだ。3年前、他所で同様の状態を見ていたので間違いなかろう。来年には開花するだろう。

240517102806141 240517112447359 240517134301638 240517135111800

2024年5月16日 (木)

開花状況

先日、クマガイソウの開花状況が悪かったので今日は場所を変えて確認に行ってきた。天候はやや曇りがちでしかも緩い北風が心地よく高齢者には最高の山行日和だ。支度を済ませ出発するとすぐコケイラン、まだ開花は先かと思っていたスズムシソウも花数を増やして7分咲き、少し水量の多い沢を何度か渡渉を繰り返し目的地に到着。クマガイソウは例年同様に咲いていた。他所のクマガイソウを訪れると此処も例年並みの開花、先日の花芽の少ないのは天候か開花周期原因不明だが自然の生き物に変動はつきものか。

240515095012266 240515100308439

240515121911547 240515103946620

2024年5月11日 (土)

開花はどうかな波賀北部

 波賀町北部に花の状況を見に出かけた。お目当ての花はすでに終わっていたが思わぬ花が咲いたり、咲き始めていたりと楽しめた一日だった。クマガイソウは例年どおりの数だが花芽が殆ど見られず、開花数も数株だった。先日も花芽がないと聞いていたので、今冬の大きな寒暖差が影響したのかもしれないとも思った。

240511133657506 240511125919059240511093642842240511125654440

2024年5月10日 (金)

花はどうかな一宮北部

花が一斉に咲き出し、一宮北に出かけた。花は満足だったが、作業道が縦横に作られて慣れていても迷いそうな気がした。

240510133738918 240510132348720 240510113715594 240510102148792

2024年5月 5日 (日)

クマガイソウとヤマシャク

昨年見つけたクマガイソウと薄ピンクのヤマシャクの咲き具合を見に一宮へ行った。残念ながらヤマシャクは土砂に流されたらしく姿は見られなかった。一方クマガイソウは昨年より大きな開花を確認した。その後、未踏の尾根に取り付き頂上へ登り始めが途中で以前登ったことのある尾根に合流したと言うので(という言い訳)無事登ったことにして終わる。林道は山石で歩きづらいのでショートカットすることにしたが昨年登った急坂は下りに自信がなく、昨年下りで山ヒルにやられた尾根をまたまた下った。

2024年5月 2日 (木)

一山

ヤマシャクと数年来一向に咲かないエビネの状況を見に一山に登ってきた。高野峠に車を停め、いったん少し峠を下るが歩き始めは寒いぐらいで日向がありがたかった。頂上には登山者は誰もいないがせっかくの好天、ランチとコーヒーしながら以前歩いた山々の展望や登ったコースを振り返りながらゆっくりした。目的の花の開花は少し時期が早かった。

240502095135542

240502113726130

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »