« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月25日 (木)

三久安イワウチワ

イワウチワの最盛期は4月の半ばだが、月末近くに咲くヤシャビシャクも同時に見られたらと一宮へ出かけた。イワウチワは殆ど終わっていて、ぎっしり葉ばかりだった。これでヤシャビシャクが見られなければ急坂の疲れが倍加するところだがなんとか咲き始めていたのでやれやれ。寄る年波で頂上への体力は残っていなく引き返したが下山時には足がつり断念は正解だったと、話しながら下りた。

240425142622206 240425142532399 240425112632588 240425120836002

2024年4月19日 (金)

十年

十年に登ってきた。当初の目的はこの時期の山野草探しだったが、沢沿いを歩いているうちに十年手前まで来ており、そのまま頂上まで足を伸ばすことにした。山野草はザゼンソウやエンレイソウなどを見ることができたが、なんと途中でリスに出会う幸運に!!!宍粟では東山以来2度目の幸運となった

1_20240419171001

2_20240419171001

 

3_20240419171001

4_20240419171001

 

2024年4月14日 (日)

藤ヶ峰

ログを繋ぐため藤ヶ峰に登ってきた。福知からの予定だったが下山口の下見をするうちに巡視路から登ってしまった。尾根からは周囲真っ白なタムシバが今を盛りに望める。第1、第2、第3鉄塔と上がる都度、展望が良くなり砥峰や千町ヶ峰、氷ノ山など見ることができた。頂上でランチして、下山尾根を相談、p950近くのなだらかな尾根を下り駐車地へ戻った。これで三辻山~暁晴山~砥峰、藤ヶ峰、千町ヶ峰、笠杉山へと繋がり、笠杉峠~富土野峠、銅山〜藤無山~三ノ丸も繋がっていて一区切りついた。

240414102242045   240414104934895 240414110933736    240414115733825 240414131310155

2024年4月11日 (木)

下石井~上石井

毎年、下石井のハナモモ、その後、上石井のカタクリを見に行く。どちらの集落も花がいっぱいで是非訪れてもらいたいと思う。途中で会った地元の人も心やすくて、今年もよき日本の原風景を見せてもらった。

1_20240413184901   2_20240413185501 

240411144917080    240411144229418  240411144335242  240411144251739 

2024年4月 6日 (土)

ザゼンソウと水芭蕉

宍粟市北部へザゼンソウと水芭蕉を見に行ってきた。フォレストで両花の開花を見たので、もしかしたらと確認がてら行くとどちらも開花していた。特に水芭蕉は昨年、登山の帰路で咲き後の大きな緑の葉っぱを見ていたので今回間違いなかったことで気分揚々帰路した。フォレストの水芭蕉は移植されたものなので、今回見つけた水芭蕉は兵庫の最南端に自生するものと思っている。?60年ほど前に倉床の峠にもあったと聞いているが現地へは確認に入っていない。

240406110617078    240406122916031

2024年4月 5日 (金)

東山

知人から東山にミヤマセントウソウが咲いていると連絡があったので出かけてきた。例年見ている水芭蕉とザゼンソウを見ようとキャンプ場へ行くと例年通り咲いていて、急遽ミヤマセントウソウは後回しにしてそのまま登山道へ入り頂上へ向かった。この登山道は久しぶりだ。先日の雨の影響か登山道には折れた小枝が多く落ちていたので片付けながらゆっくりと登頂。氷ノ山を除き、周囲の山に雪は見られなかった。下山後は喫茶店で一服し、目当てのミヤマセントウソウを探しに出かけると他にもシロバナネコノメソウなどが見られた。

240405102703232  240405102655027 240405151514698 240405151254188

2024年4月 1日 (月)

大段山

高取山~母栖山と同様、高峰から大段山のログをつなぐために草木から大段山に登ってきた。春の芽吹き前で木々の葉が落ちていて稜線からの展望は三室山から残雪の氷ノ山など、歩く尾根を挟んで千町が峰やフトウなどが見られ素晴らしかった。これでログは高峰~大段山~笠杉山~杉山~段が峰~千町が峰までつなぐことができた。あとはほんの少し藤が峰下山道をつなげれば暁晴山までログは伸びる。山ヒル出没までが勝負か、当面は山野草か迷うところだ。

 240401120209237
   p915から氷ノ山を望む

   240401125539297
       このあと草置城へピストン

 240401144847903
   草木集落上部のプチやぶ稜線を越えて

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »