« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月24日 (月)

今日はイチヤクソウとクモキリソウの様子を見に

 小船のイチヤクソウとカンカケのクモキリソウが咲く頃かと思い出掛けた。どちらも開花前だったがササユリが丁度見頃でラッキーだった。

04_20190624162201
06
05_20190624162201
02_20190624162201

 

2019年6月22日 (土)

斑入りの具合は?

 遅咲きのヤマシャクが咲いているか気になり行ってきた。今年はどの場所でも例年より遅くここも約10日遅れだった。昨年見た斑入りのヤマシャクは豆粒ほどの赤い斑点が付いていた。辺りを探索してみたがあまり花は無かった。

03_20190622203401
02_20190622203401
04_20190622203401
05_20190622203401

2019年6月17日 (月)

ショウキラン、クモキリソウはまだ早かった

 昨年16日に見られたショウキラン、クモキリソウを見に出掛けた。今年3月も下旬になって高い山に雪が降った影響か?三ノ丸の山野草はようやく咲き始めたところで満開ではなくちょっと残念。だが見逃していたのか他にも咲き始めたショウキランが見られたので満足としょう。

01_4
03_2
02_4

 

 

2019年6月 9日 (日)

花のミニ端境期

 ちょっとした花のミニ端境期?特に目当ての花も無いので毎シーズンに行く、今季未訪問のところに行ってきた。すでにエビネは色褪せている。そんな中、期待していなかったキンランが9分咲きで4輪、遅咲きのヤマシャクやクモキリソウも咲き始めていた。来週あたりからショウキランやササユリなどを見ることができそうだ。

01_3

02_3

05

2019年6月 6日 (木)

遅咲きのヤマシャク

 千種で見つけた遅咲きのヤマシャクヤクは何色かなと見に行ってきた。期待の色ではなかったが他を歩いているとあちこちにエビネがあり、個人的にそこを「エビネ谷」と名付けた。勝手名づけは「コケイ谷、スズムシ谷、タバコ谷」などなど。家内との話題の中でいろいろ名付けたのが余計にややこしくなって頭がその場所へとスッキリ移動しない。

追記、そうそう クマ尾根もあった。

01_2

02_2

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »