« 赤谷山 | トップページ | 東山(ひがしやま) »

2018年1月 7日 (日)

三ノ丸~氷ノ山

 天気予報で晴れマークが見えたので久しぶりにわかさ氷ノ山スキー場から氷ノ山に登ってきました。リフトを乗り継いで上げてもらうとかなり助かります。その上、たくさんのトレースでラッセルもしなくて済みました。
 天気は期待に反してガスが多かったですが、久しぶりに氷ノ山の雪原を歩いて他の山とは違う雰囲気を味わえました。

01

02

« 赤谷山 | トップページ | 東山(ひがしやま) »

コメント

mk/koko さん

年末から気になっている地元の妙見~蘇武の北半分を歩いてました。積雪量が多いうえに雪が重く、ひょっとしたら届くかもと思っていた周回はできませんでしたが、前回と合わせ積雪期の周回コースを繋げることができ満足です
今や大衆化された感のある若桜からの氷ノ山にはない魅力が溢れています。是非一度お越し下さい
蘇武から見た氷ノ山はガスがかかっておりスッキリとは望めませんでしたがほぼ180度の大展望は満喫できましたよ

投稿: north wind | 2018年1月 8日 (月) 08:59

north windさん
前にも言っておられました妙見~蘇武、気になるコースです。
積雪期の蘇武は未踏なのです。
確かに氷ノ山は名山ですが大衆化されていますね。
雪山は止めるつもりでしたが行ってみると楽しいです。
とりあえず簡単コースを歩いてみます。
歩けるようになったらラッセル等お願いしますね(^^)

投稿: koko | 2018年1月 8日 (月) 09:23

明けましておめでとうございます。
早速の雪山、きれいです、そして羨ましいです。

早く行けるようになりたい・・・、と、1/6に六甲に行ってきました。リポートはこれからです。

治りましたら良いところへご案内をお願いします。

投稿: 日和見山歩 | 2018年1月 8日 (月) 11:07

日和見山歩さん、新年あけましておめでとうございます。体調が徐々に回復の様子、いいお正月を迎えられたことと思います。さっそく、ひと歩きされ全面回復もほどなくでしょうか。私どもも本当に徐々にですが距離を伸ばすようにコースを選んで歩いています。ただ、年にはかないません、ゆっくりと時間をかけてコースを完徒することで精一杯です。相哀れみながらの山行となるでしょうがご一緒できることを願っています。

投稿: mk | 2018年1月 8日 (月) 14:06

今晩は、mkさんkokoさん。
今年もよろしくお願いします。

同じリフトトップからの出発だったのですね。我が家も登山届に氷ノ越周回と書いたのですが、氷ノ山山頂は賑やかかもと思い、"もしかしたら大段かも"をつけ加えていたので大段へ向かいました。大段からのくだりはお二人のコースを参考にさせてもらい4回もあるいています。氷ノ山の稜線の樹氷にはかないませんが、静かな山歩きができ気に入っています。

次回のコーヒータイムは栗甘納豆です。ありがとうございました。

投稿: やまんば-ば | 2018年1月 8日 (月) 19:11

やまんばーばさん、相棒さん
こちらこそ今年も宜しくお願いします。

私たちもblogを拝見してびっくりしました。あのトレースがお二人のものだったとは! 時間的にはこちらがかなり遅いですが後追いしたかったです。私がブナ林で大段に行きたいと言ったのですがmkが届のことがあるから氷ノ山に行くと言いました。大勢登っておられましたが半数はスキーとのことでした。
ご自宅方面の山へとも話していましたが、もっと体力つけてからでないと無理ですね。
何処かでお会いできますように・・・

山でのティータイムは私の頑張りのひとつかもしれませんが、最近はなるべく軽くして歩くようにしています。

投稿: koko | 2018年1月 8日 (月) 20:28

mk&kokoさん

早速の三ノ丸~氷ノ山ですね、美しい写真の数々を拝見しました。
kokoさんも完全復活で良かったですね(^^)
当方も今週末辺りからスノーシュー歩きと考えています
雪山情報楽しみにしています
機会があればご一緒させてください、宜しく!

投稿: 山ちゃん | 2018年1月 9日 (火) 20:51

山ちゃん、今シーズンは雪山の当たり年(こんな言葉あるのかな)の予感がします。北部の天気予報もしばらく雪マークが続き、日曜には晴れマーク・・山ちゃんは土曜がベストか~・・スノーシュー始めにはもってこいなんですが。私たち二人はもう少し初心者コースで体力と自信を付けなければと思っています。元気になれば宜しくお願いします。

投稿: mk | 2018年1月 9日 (火) 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤谷山 | トップページ | 東山(ひがしやま) »