« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月27日 (水)

花見で涼んできました

 そろそろイワタバコが咲きそうだ。
 ナツエビネには少し早いと山友から教えてもらったが、少しは一緒に見られるかもと思い行ってきた。
 いつもの場所でお昼を食べたが、涼しい!ずっと涼んでいたかった。
 自宅が近づくにつれて30℃以上に・・・

002_2

001_2

003_2



2016年7月20日 (水)

林道は、しんど~阿舎利山

 引原トンネル手前の林道~作業道を詰めて阿舎利山に登ってきました。
 作業道が延々と伸びていて意地になって終点までと歩きましたが、上部左右に伸びて暑さもあって疲れました。
 下りは尾根を辿る予定でしたが、作業道によって分断され仕方なく下りも同じ道を歩いてきました。なお、この作業道は伐採、搬出中です。

01

02

03

2016年7月16日 (土)

赤谷山

 今日も梅雨の晴れ間を狙って軽い運動とランチを目的に簡単登山、で赤谷山。
 いつものルートで行くつもりが、最近の谷沿い歩きの癖がでて旧トンネル沿いの沢をそのまま詰めました。足場も悪くなってきて戻るのも邪魔臭くなり、尾根に取り付き登りつめると登山口近くに。
 登山道の途中では伐採作業中、まだしばらくかかりそうです。
 イワウチワの場所は大丈夫のようでヤレヤレ。ササユリともども後2~3年もすれば花が見られるかもしれない。頂上は梅雨時にしてはすっきりとした展望で涼しい風に吹かれてゆっくりとおにぎりランチ。
 のんびり山行で所要時間は以前の1.4倍、今はこれが通常タイムだろう。

01

02

03

04




2016年7月14日 (木)

どっきり・・早すぎる雨の駒ノ尾山

 久しぶりにお気に入りのダルガ峰林道から大海里山を経て駒ノ尾山に登りました。
 歩き始めは天気も良く、ダルガ峰伐採地のススキ越しからの沖ノ山、東山などの展望を楽しみ、大海里山でも三室や植松、後山など東から西へぐるりとくっきりと見ることができました。
 駒ノ尾山への稜線に出ると急にガスって来ました。
 益々濃くなるガスを気にしながらも、そのまま小屋まで行きました。
 引き返そうかと思いましたが頂上はすぐそこなので急ぎ足で頂上に行き、見えない風景写真を撮ってすぐに下山、伐採地まで帰るとぽつり、ぽつり、車のドアを開ける寸前にザーっとずぶぬれ寸前・・セーフでした。
 予報では午後少し過ぎてから崩れるはずだったのだが。

01

02

03

04

2016年7月 7日 (木)

氷ノ山

 避暑と展望を期待して氷ノ山に行ってきました。
 頂上辺りはガスがかかっており雨の懸念があり、また登山道は昨日の雨の影響か刈り払りれた笹が寄せ集まり注意して歩く必要がありました。
 さすがに天気の悪さもあってか登山者も無くちょっと寂しい気もしましたが、ゆっくりと涼んできました。

01

2016年7月 6日 (水)

笠杉山と稜線歩きへ

 今日も天気予報は、山沿いは午後から急な落雷や雨・・・だったので、短時間の笠杉山へ。さすがに笠杉山だけでは短くて、杉山辺りまで足を延ばしてきました。
 終止強めの風が吹いていてガスも流されるなど、天気の急変を気にしながらの山行でした。
 途中で「兵庫の日本海側から瀬戸内までを繋ぐために歩かれていた」神戸の山岳会の方にお会いしました。このプラン、元気に歩けていた頃ちょっと、気になっていましたが今では夢のまた夢です。

02

01

2016年7月 2日 (土)

短時間でなら・・・東山

 午後は山沿いで夕立の予報。それならあれこれ迷わずとも、行ける山は自ずと決まってきます。ということで東山(ひがしやま)へ。
 この時期はイワガラミ、ヤマボウシなど見られると思い「天の川コース」から登ってきました。多少遅いようでしたが、ヤマボウシは白色に加えピンクもあり、他にハンカイソウやヤマツツジ、ササユリなども見られ楽しめました。
 爽やかな風にも恵まれ展望もよく利きました。mk

01

02

03

04

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »