« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

駒ノ尾~鍋ヶ谷山を周回

 東山に登るつもりで若杉原生林に行きましたが入れなかったので、急遽、駒ノ尾に登ってきました。
 最初は青空でしたが頂上手前から雲の中。昼食後には少し展望ができはじめ氷ノ山や扇ノ山まで見えていました。
 スノーシューは、頂上付近ではある方が快適に歩けそうですが、岡山県側は雪が少なく置いて登りました。頂上手前から沈み込みますが無くても登れました。
 駒ノ尾ピストンの予定でしたが霧氷が綺麗だったので、稜線歩きをしようと鍋ヶ谷山へ。稜線の雪は締まっていますがツボ足なので急に落ち込むところがあります。ツボ足でなかったら後山まで行ったかもしれません。
 それでもこの景色に満足して周回下山しました。

東山~鳴滝山も天気良さそうです(^^)01

霧氷は無いと思っていただけに綺麗でした
04

鍋ヶ谷山からの駒ノ尾山 笹があるので夏道を歩きました
03

| コメント (4)

2016年1月28日 (木)

天児屋山・・ちょっと苦闘

 先日の鳴滝山山行からして、天児屋山のササに積もった雪が大変だろうと思いましたが・・・行ってきました。
 積雪は少ないですが、思いがけないトレースがあり助かります。ところがトレースは三国平上部までで、そこからは予想通りササの多いところではササ雪ラッセル。頂上手前が一番大変でした。
 なんとか天児屋山到着。天気は下り坂なので昼食を摂ってすぐ下山。
 それでも登りでは氷ノ山や東山などが見えていました。

 9.3km 4時間50分(休憩含む)

天児屋山から三室山01

頂上はすぐそこ
02

| コメント (0)

2016年1月26日 (火)

鳴滝山・・時間切れ

 大寒波で積雪があったので敗退覚悟で鳴滝山に行ってきました。
 朝の準備が遅れて予定より少し遅く出発です。

 結果は
 スノーシュー歩きで最初は10㎝くらいの沈みでしたが、だんだんと増えて20㎝~30㎝余り。天気は思ったより晴れず、風は冷たく寒かったです。
 ササの状態も足元も不安定で体力不足もあって時間がかかり、13:30展望所で撤退を決め、そのまま尾根を下りました。
 それでも新雪のふかふかが歩け、まずまずの霧氷も見られて楽しい雪歩きでした。
 10km 7時間5分(休憩含む)

何度見ても綺麗
01

鳴滝山を望む
02

| コメント (4)

2016年1月11日 (月)

上郡アルプス(岩木山)

 12月の初めに行くつもりが延びて今日行ってきました。
 今回は前回の続きで整備された岩木山へ歩きました。車が1台だったので車道も兼ねて11kmほどになり、思ったより歩き堪えがありました。
 生駒山周辺は登山者もおられましたが、岩木山方面は誰とも出会わず静かな山歩きでした。
 今年は雪が少なく夏タイヤのまま過ごしていますが、そろそろ交換時期でしょうか・・・2月まで辛抱するか mk

01

02

| コメント (4)

2016年1月 8日 (金)

飯盛山と平荘湖

 加古川市の平荘湖を周回してきました。
 あまり陽だまりというほどの天気ではなかったのですが、やはり南部の山は暖かくて冷え込み方が違っていました。
 展望は少し霞んでいましたが、平荘湖が光って綺麗でした。
 標高差は少ないですが距離にして11kmほどでよい運動ができました。mk

01

02

| コメント (2)

2016年1月 4日 (月)

ちょっと赤谷山まで

 今日も暖かそうな天気予報なので赤谷山に登ってきました。
 ところが、標高が上がるにつれて風がキツクて大変寒いのです。午前中は晴れていたのですが、午後になると氷ノ山や東山(トウセン)には黒い雲がかかってきました。下山して車に乗ると時雨れました。
 雪は下の方はところどころにあるくらい、上は10㎝くらい(深くても20㎝)
 急坂はよく滑り、雪がベトベトして重くて足が疲れました。koko

01

02

| コメント (2)

2016年1月 3日 (日)

登り初めは段ヶ峰

 明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。
 
 天気予報によると暖かそうなので、少し北部の杉山~段ヶ峰へと出掛けました。杉山へは急に新ルート(短いので大したことありませんが)で登り、展望を期待して登りましたが暖かすぎるのか氷ノ山など遠方はガスって見えません。杉山でちょっとした霊感が、なんとなくN夫妻が段ヶ峰に来られるような・・・
 段ヶ峰まで足を延ばして早昼を摂っていると、フトウガ峰の方から3名が。インスピレーション通りN夫妻と山ちゃんでした。
 千町ヶ峰まで足を延ばされるとのこと、邪魔にならないように気を付けながら御一緒させてもらいました。年初早々楽しい山行となりました。mk

千町ヶ峰
02

杉山
01

| コメント (2)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »