« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月27日 (土)

大雪山の紅葉

 大雪の紅葉を見ようと17日から北海道へ出掛けてきました。
 今年の紅葉は10年に一度と言われるくらい綺麗とのことでしたが、例年より10日も早い紅葉情報で、黒岳付近では出掛ける前から見頃。15日には旭岳の初冠雪のニュース。このままでは頂上付近の紅葉は終わってしまうと少々焦り気味でした。
 北海道に着いた頃は大雪の天候は悪く、なんとか晴れそうな日に高原沼巡りで最高の紅葉景色を見ることができました。頂上付近の紅葉が見たかったので計画していた山歩きは変更、ほかの山にちょっと登ってきました。

01
沼めぐり

02
表大雪(トムラウシ、旭岳など)を展望

03
旭岳、白雲岳などをアップで

| コメント (7)

2014年9月14日 (日)

宮ノ後山~点名・十年

 宮ノ後山に登ろうと登山口まで出掛けること3度目、前2度とも晴れ予報だったが雨降りで断念。今日も・・またまた雨降り、車中で雨が止むのを待っていると、宍粟50名山ガイドクラブの人達が来られてビックリ。ガイドクラブも十年へ歩かれるという。

 先にガイドクラブが林道歩きで宮ノ後山へ向われ、私達は尾根に取り付いて宮ノ後山を目指した。ところが支尾根に乗ったところで家内のストックが1本無い?家内が取りに下りて登りなおして再スタートする。

01取り付き

 支尾根にのると歩きやすくなった。途中のピークを越していくと尾根はだんだんと良くなる。宮ノ後山に到着。ここからガイドクラブの人達の後を着いていかせてもらう。

03宮ノ後山

 主尾根に出ると巨木もあり素晴らしい。ここは4年前「わかさ氷ノ山~若杉峠」へ縦走したとき歩いているが、積雪時だったので雰囲気が違う。今日は木やキノコの名前を教えてもらえた。

04主尾根

 点名十年に到着。涼しいランチタイム。
ガイドクラブの人達の整備で十年の標柱が立てられた。

07十年の標柱

06くらます、右に沖ノ山

10林道に下山

 下山も一緒させてもらえるとのことでお言葉に甘えてくっついて行く。途中から支尾根を下って林道に下山。やまめ茶屋入口まで林道歩き、そこから国道歩きで戸倉の神社に戻った。楽しい山行だった。

| コメント (0)

2014年9月 9日 (火)

三久安山を周回

 国道沿いの音水湖畔にあるの喫茶店から時計回りで三久安山を周回してきました。
 登りは半分以上は急登、自然林と植林の尾根です。

01登り

02登り

 2時間半かかって頂上着。
 展望もくっきりで静かな涼しい山頂でした。単独の男性が登ってこられて山談義。山の恵みを頂きました。

03三久安山

 下りは最初は登山道を下ります。
 途中で登山道を離れて以前下った尾根へ下りますが、途中からは急な下りで参りました。当初は長源寺横へ下りる予定でしたが国道歩きをしなくていいように喫茶店側に下りました。

04下り

05音水湖

| コメント (2)

2014年9月 5日 (金)

またまた三室山へ

 天気が回復してきたので、先日に続き三室山を周回してきました。
 先日、登ったときに下ショウダイの辺りを下見していたので、今日は三室高原から下ショウダイへ直接登りました。急坂でしたが意外と登りやすかった。

01登り

 稜線に出て縦走路を経て三室山へ。

02縦走路

 出発が遅かったので頂上には13時頃でした。丁度、青空が広がり氷ノ山や東山などの大展望ができ、ランチタイム。

03三室山

 けれども雷鳴が度々聞こえてきて、家内がバタバタと片づけ始めたので下山しました。下りは、ほぼ・・・登山道を下りました。

04登山道

| コメント (2)

2014年9月 2日 (火)

急に竹呂山~三室山を周回

 千種町の河内から竹呂山を周回しようと出掛けました。
 カンカケからの尾根を経て竹呂山に着き、急に三室山へ回ることに変更し、三室山に向かいましたが、一部でササが登山道?に延びてきて切ったりしながら三室山に到着。
 下山は登山道を下りましたが、途中から林道歩きを省くため支尾根を下りました。
 竹呂で少し時雨れた程度で雨には遭わず、今日も楽しい?宍粟の2山周回ができました。

01

02

| コメント (2)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »