« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月26日 (木)

オオヤマレンゲと山芍薬

先日、戴いたオオヤマレンゲを花瓶に挿していたら、開花していました。
香りがいいんですよね~
ヤマシャクヤクも新品です。
花の種類は異なりますが、どちらも気品があり清楚ですね。

01 02

| コメント (8)

2011年5月25日 (水)

三久安山(1123m)

 貴重な晴れの日、朝に用事があったので急いで済ませて三久安山に登ってきました。
 コースは音水湖から宍粟50名山コースで登り、下りは以前GPSが無いときに歩いていたコースで下山しました。これで以前に歩いたルートがおよそ分りました。
 登り下りとも、なかなか面白かったですが、下りのコースは谷も多くて迷いやすいです。

01 02

| コメント (2)

2011年5月23日 (月)

山野草を見に行ってきました。

雨の日に時間を持て余しそうになっていたところ、知人からのお誘いである人の家へ行きベニバナヤマシャク、オオヤマレンゲなど沢山の山野草を見せてもらってきました。
エビネなどは今が盛りでしたがベニバナヤマシャクとオオヤマレンゲは、あと2、3日先が見頃のようです。
近場で珍しい山野草を見ることができ知人に感謝です。mk

01 02

03 04

| コメント (0)

2011年5月19日 (木)

新緑の扇ノ山

 そろそろ扇ノ山の新緑かと思い、大石コースを登ってきました。
 下りは河合谷へ下りるつもりだったのですが、ちょっと冒険心ができて違う林道から下山しました。
 新緑と残雪が綺麗で、木陰があって思ったより涼しく歩けました。頂上が一番暑かったかもしれません。残雪ですが、もっとあるかと思いましたがよく融けていました。

01 02

| コメント (4)

2011年5月14日 (土)

蒜山三山・縦走

 娘と二人で蒜山三山を縦走してきました。
 車は、mkが足の不調のため山には登らず回してくれると言い、まだカタクリが見られるかもしれないと思い蒜山縦走に決めました。
 カタクリはまだ見られ、その上こんなにたくさん咲いているとは知りませんでした。各ピークでは風があり休憩中には涼むこともできました。
 それにしても何処も急坂でバテバテ、以前に縦走したときよりも体力が落ちました。

 今年の花は遅いみたいですね。koko

01 02

| コメント (8)

2011年5月 9日 (月)

花知ヶ山と三ヶ上山

 岡山県の花知ヶ山。残雪の時期に登る予定でしたが今になってしまいました。
 花知ヶ山のあと、時間があり三ヶ上山にでもと思っていたところ、花知ヶ山で出会った人が、三ヶ上山に登ってきたと言われ薦められたので、決定。
地図まで戴き登ってきました。
三ヶ上山、登りやすくて展望がよく、良い山でした。koko

01 02

| コメント (7)

2011年5月 8日 (日)

五蔵山のシャクナゲ

 大山方面を予定していましたが、急に予定が変わり宍粟の五蔵山へシャクナゲを見に行ってきました。
 花は期待通り、シャクナゲとミツバツツジを見ることができました。koko

01 02

| コメント (2)

2011年5月 6日 (金)

笠形山のアケボノツツジ

 昨日、ゆめさきの森で「縦走コース」が気持ちよく歩けたので、、、

01 02

 今日は、友人が「笠形山とアケボノツツジが初めて」だというので誘って、mkと3人で笠形山に登ってきました。
 イワウチワの咲き具合からして今年は1週間余り花の開花が遅いようで、もしかして未だツボミが多いかもしれないとも思いましたが、結構咲いていて綺麗でした。
 頂上直々の花数はちょっと少ないようでしたが、離れたところではびっしりとピンクの花が咲いていて鮮やかで、ツボミもあるのでまだ楽しめます。koko
 花見山行としては毎年同じなのですが、
シャクナゲ、ヤマシャク、ドウダン、ササユリ、山のカタクリなど楽しみです。

03 04

| コメント (2)

2011年5月 2日 (月)

喰わず嫌い

 先日、林道の除雪も途中までとなっている鳥取の河合谷高原に入りました。
 除雪最終地点で準備をしていると、思いもかけずに登山者が来られびっくり、鳥取の福田さんと名乗られ、少しお話をしていると、毎週扇ノ山に登られているとのことで御一緒させていただくことにしました。
 今日、その方が書かれた本を戴きました。下記の写真がその本です。
 国外へ出ることなど思いもよらないほど心配性だった福田さんが、奥さんに何度も勧められ、しぶしぶ海外へ出掛けられたそうですが、ほどなく海外旅行の虜となられたようです。
 なんだか私の山歩きのきっかけと似ているような気がします。mk

001 002

| コメント (4)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »